利用規約

  株式会社シーサイドネット(以下「甲」という。)は、「C'S SERVER Premium」 (以下「本サービス」という。)の利用に関して、本サービス利用規約(以下「本利用規約」という。)を定め、本サービス申込者(以下「乙」という。)に対し、本利用規約の遵守を条件として、本サービスを提供するものとし、乙は、本利用規約の内容を確認した上で、本サービスの利用規約を締結することに承諾する。

第1章 総則

第1条 規約の適用

  • 1. 本規約は、甲と乙との間の本サービスの利用規約に関する一切の関係に適用されるものとする。

第2条 規約の変更

  • 1. 甲は乙に承諾を得ることなく、いつでも、料金その他の本利用規約の内容を変更できるものとし、この場合、料金その他の条件は、変更後の本利用規約による。

第3条【サービス内容】

  • 1. 本サービスの内容は、乙がインターネットにおける独自ドメイン名の取得及び維持管理をするために必要とするサービス並びにこれに付随関連する機能を提供するサービスであり、以下の各号を含むものとする。
    a. 独自ドメイン名の取得及び維持管理サービス
    b. ディスクスペースサービス
    c. メールボックスサービス
    d. メーリングリストサービス
    e. メールマガジンサービス
    f. WEBメールサービス
    g. スパムメール対策サービス
    h. ウィルスメール対策サービス
    i. 上記各号に付随する管理システムに関するサービス及びその他甲が必要と認めたサービス

第2章 本サービスの利用

第4条【利用申込み】

  • 1. 乙は、甲所定の手続きにより、甲に対し、本サービスの利用を甲に申込むものとし、 申込み時に申告した内容に変更がある場合には、直ちにその旨を甲に申し出る ものとする。
  • 2. 次の場合、甲は、本サービスの申込みを拒絶できるものとする。 甲は、本サービスの申込み後においても次の場合に該当すると判断した場合は、 申込みに対する承諾を取り消すことができるものとする。
    a.乙が申込みフォームに虚偽の内容を記入した場合
    b.乙が過去に本利用規約第6章の禁止事項に違反した事実(他社の提供するサービスにおいて 本利用規約第6章の禁止事項に相当する事項に違反する事実を含む。)が認められる場合
    c.乙が未成年であって、保護者の同意を得ていないとき
    d.その他甲の本サービスに関する業務運営に支障をきたすおそれがあると判断した場合
  • 3. 甲が前項により申込みを拒絶した場合、乙に対してその旨を通知するが、 拒絶の理由は一切開示しないものとする。

第5条【アカウントの発行及びインターネット接続準備】

  • 1. 甲は、前条第1項に基づいて本サービスの利用申込みを受けた後遅滞なく、 乙が本サービスを利用するために必要な各種設定(以下「アカウントの発行」という。)を 行なう。但し、前条第2項に基づいて本サービスの利用申込みを拒絶した場合は この限りではない。
  • 2. 本サービスの利用に際しては、乙は、自らの責任及び費用において、インターネットに 接続するための手段を準備するものとする。

第6条【サービスの利用開始】

  • 1. 乙は、アカウントの発行がなされた日から、本サービスの利用を開始できる。

第7条【サービスの試用】

  • 1. 前条に基づいて乙がアカウントの発行を受けた日から10日間の期間を、 試用期間とする。
  • 2. 乙は、前項所定の試用期間において、いつでも本サービスの利用を停止する事が できる。
  • 3. 前項の場合、乙は第9条で定める利用料金を甲に支払う義務を負わない。

第8条【サービス提供の中止及び停止】

  • 1. 甲は、設備の保守、工事、点検その他やむを得ない場合には、本サービスの提供を 停止する事ができる。この場合、甲は、乙に対し、本サービスの提供を停止する旨及び 停止の期間を事前に通知(電子メールによる通知の他、甲のウェブサイトにおける通知を含む。)するものとする。
  • 2. 甲は、下記の各号に該当する場合、乙に対する通知なくして、本サービスの提供を直ちに中止できるものとする。
    a.乙が本利用規約に基づく債務の履行を怠った場合
    b.乙が本利用規約第6章の禁止事項の規定に違反した場合
    c.その他甲が本サービスの提供を不適当であると判断する場合
  • 3. 前項各号(但し、c号については乙の責めに帰すべき場合に限る。)に基づいて 甲が本サービスの提供を中止した場合、甲は、乙より前払いにて受領している 本サービスの利用料金を一切乙に対して返還する必要がないものとする。

第3章 料金等

第9条【利用料金】

  • 1. 乙は本サービスの利用に際し、別途定める料金表所定の利用料金を甲に支払うものとする。
  • 2. 利用料金の支払方法は甲が定めた方法によるものとする。
  • 3. 乙が銀行振込みにより利用料金を支払う場合は、銀行振込みに必要な手数料は乙が負担する。
  • 4. 乙が甲に支払った料金は、理由の如何を問わず返金には応じないものとする。
  • 5. 料金支払いの対象となる期間は、第4条に基づいて本サービスの申込みをした後、 最初に到来する暦月の1日から開始するものとする。

第10条【URLの変更】

  • 1. アカウントの発行がなされた後にURLを変更する場合、乙は、再度甲所定の設定料を支払うものとする。

第4章 スパムメール対策サービス

第11条【スパムメール対策サービスの定義】

  • 1. スパムメール対策サービスとは、乙が本サービスを利用して受信する 電子メールをスパムメール判定するサービスをいうものとする。

第12条【スパムメール対策サービスの提供範囲】

  • 1. 乙は、スパムメール対策サービスを利用することに同意するものとする。
  • 2. 甲は、その裁量において、スパムメール対策サービスを停止する事ができるものとする。

第13条【スパムメール対策サービスの免責】

  • 1. スパムメール対策サービスの利用に起因して、乙は又は第三者に損害が生じた場合、 理由の如何を問わず、甲は一切の責任を負わないものとする。

第5章 ウィルスメール対策サービス

第14条【ウィルスメール対策サービスの定義】

  • 1. ウィルスメール対策サービスとは、乙が本サービスを利用して受信する 電子メールのウィルス感染を検知するサービスをいうものとする。

第15条【ウィルスメール対策サービスの提供範囲】

  • 1. 乙は、ウィルスメール対策サービスを利用することに同意するものとする。
  • 2. 甲は、その裁量において、ウィルスメール対策サービスを停止する事ができるものとする。

第16条【ウィルスメール対策サービスの免責】

  • 1. ウィルスメール対策サービスの利用に起因して、乙は又は第三者に損害が生じた場合、 理由の如何を問わず、甲は一切の責任を負わないものとする。

第6章 禁止事項等

第17条 【契約上の地位等の処分の禁止】

  • 1. 乙は、本サービスの利用契約に基づく乙の地位及び乙の権利の一部又は全部を、第三者に対し、譲渡、移転、転貸又は担保のために供してはならない。

第18条 【ホームページ公開の制限】

  • 1. 乙は、本サービスを利用して下記の各号の行為をしてはならない。
    ・風俗営業又はわいせつなコンテンツの掲載
    ・法令に違反するコンテンツ及び他人の権利, 利益を侵害するコンテンツの掲載
    ・スパム行為
    ・不特定多数に対し、一定時間内に多量の電子メールを送信する行為
    ・ホームページサービスの提供と直接関係の無いプロセスの実行
    ・著しくアクセス数の多いサイトやサーバに著しく負荷が掛かるようなコンテンツの掲載
    ・その他甲が適切でないと判断したコンテンツの掲載

第19条 【CGI利用制限】

  • 1. CGIのレンタルは有料、無料を問わず禁止する。
  • 2. CGIによるメーリングリストの運用(sendmailによる一括複数送信等)を禁止する。
  • 3. チャットの設置は各契約について2つまでとする。
  • 4. 外部のサイトから広告CGIやWebRing等が実行されるCGIの設置を禁止する。
  • 5. その他サーバに著しく負荷を掛けるようなCGIや過度のCGI使用を禁止する。
  • 6. 次のCGIスクリプトの設置を禁止する。
    ・FFADVENTURE
    ・コムチャットQ
    ・箱庭諸島
    ・Yomi-Search

第7章 管理

第20条 【連絡先の指定】

  • 1. 甲から乙に対する個別の連絡は、専ら電子メールによるものとし、乙は甲からの 連絡を確実に受け取れる電子メールアドレスを指定するものとする。
  • 2. 乙は、前項で指定した電子メールアドレスに変更がある場合、 ただちにその旨を甲に所定の手続きにより申し出るものとする。

第21条 【アカウントの管理】

  • 1. 甲が乙に対して発行したIDならびにパスワードの管理は乙が一切の責任を持つものとし、 第三者の不正使用による被害は乙が一切の責任を負うものとする。

第22条 【データの管理】

    乙のディスクスペースのデータのバックアップ管理は乙が一切の責任を持つものとし、サーバの障害などによって乙のディスクスペースのデータが消失しても甲は一切の責任を 負わないものとする。

第8章 契約の終了

第23条 【契約の解除】

  • 1. 甲は、第8条第2項各号に該当する場合、本サービスの利用契約を解除する事ができる。 なお、乙による義務違反の程度が著しい場合には、本サービスの利用契約の解除に あたり、乙に対する催告を要しないものとする。
  • 2. 乙は、甲の定める方式に伴い、いつにても1ヶ月の予告期間をもって、本サービスの 利用契約を解除する事ができる。
  • 3. 前二項の解除がなされた場合、甲は、乙より前払いにて受領している本サービスの 利用料金を一切乙に対して返還する必要がないものとする。

第9章 その他

第24条 【損害賠償】

  • 1. 本サービスの利用に際し、乙が甲に損害を与えた場合、甲は乙に対し損害賠償請求 できるものとする。
  • 2. 甲は、本サービスに関連して生じる乙又は第三者のあらゆる損害について、 乙又は第三者に対して責任を負わないものとする。但し、甲に故意又は重大な過失が 認められる場合にはこの限りではなく、その場合、乙は甲に対して乙が実際に支払った 本サービスの利用料金の金額を上限として、損害賠償を請求できるものとする。

第25条 【守秘義務】

  • 1. 甲はサーバの保守作業上必要な場合、又は乙からの依頼等、特定の場合を除き 乙のサーバスペース上へログインしその情報を入手することはできないものとする。
  • 2. 甲は(捜査協力義務が生じた場合その他法令に基づく場合を除き)乙から得た 一切の情報を第三者に漏洩することできないものとする。

第26条 【免責】

  • 1. 甲は、天災、不慮の事故等によるネットワーク運営の停止についていかなる 責任も負わないものとする。
  • 2. 甲が提供するサービスの利用に際し、甲は乙が第三者に与えた損害につき一切の 責任を負わないものとし、乙が第三者に与えた損害は乙の責任と費用をもって解決し、 甲に損害を与えることがないものとする。

第27条 【合意管轄】

  • 1. 乙と甲の間で訴訟の必要が生じた場合、甲の所在地を管轄する地方裁判所を 第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

2009年11月1日制定
2009年11月2日施行



シーサイドネットが選ばれる理由

01 多くの機能を標準提供
シーサイドネットは、サービスを利用される方をイメージし、必要とされる機能は、標準提供を心がけています。
02 迅速なサポート対応
すべてのサービスで9分返信(月~金の9:00~19:00)を行っています。
9分返信の取り組みについて
03 セキュリティもバッチリ
安心してサービスをご利用いただくため、シーサイドネットは常に環境を見直し、データセンター選びからこだわります。